ひとり農家のひとりごと・取材記(2)

スポンサーリンク

今月の高萩さん(2018年11月)

 

 

深まる秋と、おいしいかき餅

黄色く染まった銀杏の葉が、もうほとんど散り落ちて、
地面の上に黄色の絨毯をこしらえ終えようとしている頃。

高萩さんちに、お邪魔しました。

高萩さんは、借りてきたハーベスターにお手製のホースをつなぎ、水圧で蓮田の泥を飛ばしながら、手探りでレンコンを探していました。

「今年は4年目で一番いい出来」

と、レンコンを掘りながら高萩さんが言います。

私も数年、高萩さんのレンコンを見てきましたが、今年のレンコンはたしかに形がキレイでした。 最初の年などは、形が悪いものが多く、どうなることやらと思いましたが、さすが研究熱心な高萩さんです。

4年の歳月を費やし、見事なレンコンを育て上げました。

「寒くなってきたら、甘さがのってきましたね。天ぷらにして食べるとおいしいですよ」

レンコンの天ぷら……と聞いて、思わず唾をごくりと飲み込みました。

その後、高萩さんが掘り起こしたレンコンは、天ぷらにしか見えません。

 

レンコンの生産地として有名な茨城県ですが、そのほとんどは霞ヶ浦近辺で栽培されているものです。土浦市は全国1位、かすみがうら市は全国2位の生産量。

ほか、上位に行方市、小美玉市、稲敷市などが入っています。どの市町村も、茨城県の南の地域です。

城里町でレンコンを栽培しているのは、おそらく高萩さん1人だけ。

高萩さんいわく、 「ここは、茨城県では最北端のレンコン栽培地」 とのこと。

前回訪問してからの高萩さんは、10月に干し芋用のサツマイモを収穫し、 生姜の収穫、レンコンの収穫などをして、今冬を迎えようとしています。

炭素循環農法(たんじゅん農法)で育てている大根も、順調に育っているようです。

12月に入ると、干し芋作りが始まります。

などと、高萩さんから近況を聞きながら、お菓子をポリポリ。

いただいたのは、まんげつもち米を使用した「かき餅」。

化学調味料などは一切使用しておらず、もち米とサラダ油と醤油のみで作られています。

これがまた、おいしい。

滋味が深いというか、味がとても上品。

醤油の味と香りが口の中にじんわりと広がりました。

 

そんな感じで、今回の取材は終了。

本当に取材してきたのかって?

もちろん。
お菓子を食べるのも取材です。

 

追伸:栽培中の芽キャベツを初めて見ました。 こんなだったのか!

 

2018年11月 らくご舎

 

高萩さんの野菜が買えるお店

道の駅かつら

那珂川に御前山、懐かしいみんなの田舎、道の駅かつらです。
道の駅かつらは、茨城県の北西、那珂川の辺の豊かな自然のロケーションです。山紫水明の茨城県立自然公園御前山と清流那珂川を望む素晴らしい景勝の地に立地しております。地域で生産された新鮮な農産物や加工品・工芸品などの産地直売品をはじめ、常陸秋そばなどの郷土料理の提供など、地域活性化の拠点として設置されました。

つちっこ河和田

つちっこ河和田(上中妻地区農産物直売所)
Tweet 新鮮な野菜が並ぶ人気ショップ 2000年10月に設立した通称つちっこ河和田は岩間街道沿いにあります。年6回の感謝セールの開催だけでなく、消費者と生産者とが親交を深めようと始まった交流会ではイチゴ狩りや、そば打ち教室などを行ってい